低価格なセルフホワイトニング

セルフホワイトニングの問題点

セルフホワイトニングの問題点 セルフホワイトニングには、問題点も存在しています。
まず、セルフホワイトニングに使用する薬剤には過酸化水素が配合されていないため、ホワイトニング効果が低くなってしまいます。
せっかく施術を行ったとしても、十分な効果を得ることができなければ不満を感じてしまう人もいるでしょう。
この点に注意しないといけません。
また、セルフホワイトニングでは、マウストレーを使用しないため色ムラが出てしまう心配もあります。
マウストレーを使用しないまま薬剤を均一に塗ることはとても難しいため、ホワイトニングを実感することができない場所が出てくる可能性が大きいです。
最大の問題点として、医療技術を持っていないスタッフが施術を行うことで医療被害が起こる可能性もあります。
セルフホワイトニングを行っている店舗では、医師免許や看護師の免許を持っていないスタッフであることが多く、口腔内にトラブルが生じてしまうことがあるため注意が必要です。

こんな食品を食べている人はセルフホワイトニングがおすすめ

こんな食品を食べている人はセルフホワイトニングがおすすめ 歯の黄ばみが気になり、セルフホワイトニングを行うことを考えているという人もいると思います。
黄ばんでしまう原因の多くは、食べ物や飲み物などに含まれる色素が歯について落ちなくなってしまうことです。
特に色が濃い食品は、変色する原因になります。
例えば、カレーライスは幅広い世代に人気のメニューですが、色が濃くステインが付着しやすい食べ物です。
洋服などにカレーが付くと、洗濯しても黄色くなったまま落ちなくなることがあります。
ステインはポリフェノール等の成分がタンパク質と結合した汚れで、時間が経つと歯の表面を覆っているエナメル質にまで浸透し黄ばみになってしまいます。
それからチョコレートやキムチといった食品も、歯が黄ばむ食べ物になります。
コーヒーや赤ワイン等の飲み物にも濃い色素が含まれているので、着色汚れが付きやすいので注意が必要です。
こういった食べ物や飲み物をよく口にするという人は、セルフホワイトニングを検討してみるのがおすすめになります。
着色汚れを分解して白くしてくれます。