低価格なセルフホワイトニング

セルフホワイトニングの流れ

セルフホワイトニングの流れ 歯磨きだけでは綺麗に落とすことが出来ない歯の色素沈着は、ホワイトニングケアで綺麗にすることが出来ます。
今までホワイトニングは医療機関で受ける必要がありましたが、手軽に受けられるセルフホワイトニングが注目されています。
セルフホワイトニングの施術の流れは、口内の汚れを落とすために歯磨きと唇の保湿をしてからオープナーの装着をします。
次に歯の表面についている水分を拭き取り、スプレータイプの溶液を歯に吹きかけます。
この時溶液は口内の真ん中と右、左と3プッシュをして、最後に前歯に吹きかけて準備は完了です。
次にLED照射から目を守るために、専用のアイガードを装着しLED照射を約8分間照射します。
照射時は熱くなったり、痛くなることはないのでリラックスして行うようにしましょう。
一度目の照射が完了したら、再度歯磨きから2回目の照射を行い、合計で16分間LED照射を行うことになります。
仕上げにマウストリートメントを使用して歯磨きをすると、歯の表面がツルツルになり綺麗に仕上がります。

着色を落としたいレベルの人に向いているセルフホワイトニング

着色を落としたいレベルの人に向いているセルフホワイトニング セルフホワイトニングは、クリニックでの施術ではなく自宅で自分でホワイトニングケアをすることを指します。
ホワイトニングの薬剤はクリニックで処方してもらうことがありますが、その目的によっても薬剤に含まれるものが違ってきます。
クリニックで施術する場合、ホワイトニングには過酸化水素が使われることが多いのですが、これは劇物であるため薬事法で施術に使用する場合は歯科医師などの指導の下での取り扱いになります。
過酸化水素には強い漂白作用があるため、元の歯の色以上に白くしたい場合などに使用されます。
元の歯の色に戻したいのであれば過酸化水素が使われていない薬剤で十分ですからクリニックに通う必要もなく、セルフホワイトニングできます。
結果的に費用も抑えられますから、歯の汚れや着色だけ対処したい人にはうってつけです。
また、年齢的に歯の着色が起こりやすい高齢者には定期的にメンテナンスが必要になりますから、セルフホワイトニングの方が向いているでしょう。