低価格なセルフホワイトニング

このサイトではセルフホワイトニングによる問題点やデメリット、施術のポイントなどについて紹介しています。
御自分の手で出来るホワイトニングは、歯科医師による施術などに比べてリーズナブルな価格で実践できることもあって最近注目を集めています。
他方でホワイトニングは化学薬品の分解作用を利用して着色汚れをおとしたり、エナメル質に変化を起こすことで白さを回復されるため、場合によってはダメージもあるので注意が必要です。

セルフホワイトニングによるダメージとは。知っておきたいデメリット

セルフホワイトニングによるダメージとは。知っておきたいデメリット ホワイトニングを経験した方のなかには、治療をうけた後に歯茎にダメージが残ったり、知覚過敏になるなどの症状を感じた方がいます。
これは歯科クリニックでのホームホワイトニングを受けた際に、しばしば経験されるものです。
このような症状に遭遇する理由は、過酸化水素などの劇薬指定成分を使用することによります。
歯科クリニックでは実に濃度35%を超えるような高濃度の過酸化水素水を利用することで、エナメル質内部や歯茎に影響を与えることで白さを回復させているためです。
これに対してセルフホワイトニングでは、このような強力な薬液を使用することはありません。
セルフホワイトニングではポリリン酸や酸化チタンなど歯の表面の汚れだけに反応し、エナメル質や歯茎に影響のない成分の作用を活用しているからです。

セルフホワイトニングで歯の黄ばみを治療できる

セルフホワイトニングで歯の黄ばみを治療できる 本来であれば歯の表面は白い色合いをしています。
ところが日常生活のなかの食材や飲料に含まれる着色汚れが歯の表面に付着すると黄ばみが目立つようになります。
また加齢でエナメル質が摩耗すると象牙質の色味が反射で目に付くようになり同様に黄ばむことがあります。
いずれも放置しておけば白さは失われるばかりで、見た目の清潔感に影響するのは確かです。
このような状態を治療できるのがセルフホワイトニングです。
ホワイトニングはこれまでは歯科医師がクリニックなどの設備がととのった施設で、高濃度の過酸化水素水や過酸化尿素などの薬品を歯に塗布してLEDなどの光源を照射する、などの方法が一般的でした。
この方法のメリットは効果が確かで短期間で治療が終了する点です。
しかし強力な化学薬品を用いることから歯がしみる、歯茎にダメージが残る等の問題点も抱えていました。
これに対してセルフホワイトニングでは、専門家の指導のもと自分の手でホワイトニングを実施するというものです。
酸化チタンやポリリン酸など作用がマイルドな薬品を使用するので、知覚過敏や歯周病への影響などを懸念するリスクはありません。
効果が出現するまで2週間から1月程度かかりますが、価格と効果がみあった治療と評価されています。

続けやすいホワイトニング

照射無しのホワイトニング